「音無川」

綾世 一美さんの「音無川」です。
1989年(平成元年)リリースの曲です。

私は昭和45年頃に東京の東十条に住んでいたことがあります。
隣の王子駅にある飛鳥山公園には良く行きました。
飛鳥山公園のすぐ近くにある音無橋は印象的な橋で今でも記憶に残っています。
昭和63年以降この音無橋のあたりが整備されて音無親水公園となっているそうです。
「音無川」はこのあたりの情景を描写したような歌詞でとても懐かしく感じました。

「「音無川」2022/05/05収録(C H1 15 MIDI Ver.7)

【弾き語り】
「音無川」2022/05/07収録(Bb H1 15 guitar)

【MIDI演奏】
「音無川」2022/05/05収録(C MIDI演奏 Ver.7)

音無川
作詞:小金井 一正 作曲:弦 哲也

1.
桜の蕾が 淡雪とかし
空に咲く日も あとわずか
町を流れる 音無川の
岸にたたずみ 灯をともす
赤提灯の おんなにも
聞かせてください 春の音

2.
小さな坂道 つまずきながら
生きるわたしの 通り路
涙こぼした 音無川に
顔がゆれます あの人の
惚れてはだめと ひとり言
見させてください 春の夢

3.
最終電車の あかりの帯が
笛を鳴らして 遠ざかる
明日を信じた 音無川に
いつかお酒を 流す日は
すこしでいいの 私にも
倖せください 春の風

【原曲】
「音無川」綾世 一美

それじゃ、bye-bye!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です