「湯の町哀歌」

池田輝郎さんの「湯の町哀歌」です。
2011年(平成23年)リリースの曲です。

「湯の町哀歌」2022/04/17収録(Cm H1 15 MIDI Ver.1)

【MIDI演奏】
「湯の町哀歌」2022/04/15収録(Cm MIDI演奏 Ver.1)

「湯の町哀歌」
作詞:関口義明 作曲:水森英夫

1.
いで湯銀座の 銀の字が
ひと文字欠けた 灯がともる
人のうわさの 細糸を
たぐり寄せれば その先の
きみは湯けむり かくれ花

2.
酒にやつれた 横顔の
白さにつのる いとおしさ
今も住むのか この町に
寝ものがたりの つれづれに
夢が欲しいと 泣いた女

3.
橋のたもとで 名を呼べば
山鳥啼いて 闇にとぶ
逢えば別れが 辛いから
ひとり帰ろう 濡れながら
きみの面影 背に捨てて

【原曲】
「湯の町哀歌」池田輝郎

それじゃ、bye-bye!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です