「男泣かせの雨が降る」

大川栄策さんの「男泣かせの雨が降る」です。
YouTubeで聞いて気に入った曲です。
2021年(令和3年)12月8日発売の最新曲です。
「男泣かせの雨が降る」は2021年12月4日に開催された「第54回日本作詩大賞」で作詩した小山内圭さんが最優秀新人賞を受賞しました。
日本作詩家協会ホームページ
日本作詞大賞(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
日本コロンビアのニュースリリースによれば「2021年の日本作詞大賞には1676通の作品応募があり、その中から、男心の優しさ辛さをドラマチックに暖かい言葉で見事に表現した「男泣かせの雨が降る」(作詩:小山内圭)が最優秀新人賞を、女心の儚くも一途な想いをストレートに表現した「泣きむし蛍」(作詩:藍川由那)が優秀新人賞を受賞しました。この2作品は大川栄策により作曲(筑紫竜平)、歌唱されます。」とのことです。
日本コロンビアのニュースリリース
なお、作曲の「筑紫竜平」は大川栄策の作曲家としてのペンネームです。

「男泣かせの雨が降る」2022/01/09収録(Bb H1 15 MIDI Ver.3)

【MIDI演奏】
「男泣かせの雨が降る」2022/01/09収録(Bb MIDI演奏 Ver.3)

【歌詞】
「男泣かせの雨が降る」
作詞 小山内 圭
作曲 筑紫 竜平
1.
夢に弾かれ やけ酒に
世渡り下手を 嘆く俺
陰に日向に 尽くしてくれる
笑顔絶やさぬ 可愛い女よ
生きてみようか もう一度
ああ今夜は・・・ 男泣かせの雨が降る

2.
涙こらえて 生きるには
温もりほしい 夜もある
痩せた肩先 この手に抱けば
たとえ小さな 夢でもいいと
すがるお前の いじらしさ
ああ今夜は・・・ 男泣かせの雨が降る

3.
少し酔ったと 頬染めて
恥じらいなぞる 白い指
酒にぽつりと お前の涙
帰る故郷も ない身がふたつ
形ばかりの 契り酒
ああ今夜は・・・ 男泣かせの雨が降る

【原曲】
「男泣かせの雨が降る」大川栄策

それじゃ、bye-bye!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です