「ふたり坂」

伍代夏子さんの「ふたり坂」です。
2004年(平成16年)5月19日リリースの曲です。

「ふたり坂」2022/04/01収録(G H1 15 MIDI Ver.4 by DR-05X)

【MIDI演奏】
「ふたり坂」2022/03/27収録(G MIDI演奏 Ver.4)

ふたり坂
作詞:仁井谷俊也 作曲:水森英夫

1.
ひとりは冷たい この世でも
寄り添うふたりは 暖かい
苦労・七坂 誰でもあるが
夢があるから 歩いてゆける
惚れて・・・惚れて・・・ 惚れて道づれ
ふたり坂

2.
利口で可愛い 阿呆になれ
今夜もお酒に 酔って云う
口は悪いが 情けにあつい
そんなあなたが こころの灯り
逢えて・・・逢えて・・・ 逢えて倖せ
ふたり坂

3.
甘えてもたれた その背中
忘れた故郷の 匂いです
永い人生 これから先も
ささえ・いたわり 明日に生きる
生命・・・生命・・・ 生命ふたつの
ふたり坂

【原曲】
「ふたり坂」伍代夏子

それじゃ、bye-bye!

「やっぱり大阪」

小村美貴さんの「やっぱり大阪」です。
2005年(平成17年)3月リリースの曲です。

「やっぱり大阪」2022/03/03収録(A H1 15 MIDI Ver.2)

【MIDI演奏】
「やっぱり大阪」2022/03/03収録(A MIDI演奏)

やっぱり大阪
作詞:荒木とよひさ 作曲:水森英夫 編曲:桜庭伸幸

1.
やっぱり大阪 ええなぁこの街は
涙がこぼれりゃ 傘の花が咲く
女の心を 蹴飛ばすような
あんな男は あんな男は
あばよで放かそか 雨ん中 あゝ 雨ん中

2.
やっぱり大阪 ええなぁこの街は
涙が溜まれば 流す川がある
女の未練に 舌だすような
あんな男は あんな男は
くしゃみで放かそか 傘ん中 あゝ 傘ん中

3.
やっぱり大阪 ええなぁこの街は
涙が渇けば 夢が肩たたく
女を秤に 掛けてるような
あんな男は あんな男は
綺麗に放かそか 虹ん中 あゝ 虹ん中

【原曲】
「やっぱり大阪」小村美貴

それじゃ、bye-bye!

「惚れた 惚れたよ」

小村美貴さんの「惚れた 惚れたよ」です。
2006年(平成18年)5月リリースの曲です。

「惚れた 惚れたよ」2022/02/24収録(E H1 15 MIDI Ver.9 with Clavinova)

【MIDI演奏】
「惚れた 惚れたよ」2022/02/23収録(F MIDI演奏 Ver.9)

惚れた 惚れたよ
作詞 仁井田俊也 作曲 水森英夫
1.
惚れた惚れたよ 本気で惚れた
こんなおんなは おまえだけ
世間知らずで 気ままな俺を
やさしい笑顔で 庇ってくれる
決めた決めたよ道づれに
おまえと道づれに・・・
2.
惚れた惚れたよ 芯から惚れた
ついて来てくれ これからも
酒に溺れちゃ あなたの負けと
おまえは涙で 叱ってくれる
逢えた逢えたよ俺の花
おまえは俺の花・・・
3.
惚れた惚れたよ とことん惚れた
春を呼ぶよな いい女
明日が見えない おとこの夢を
背中にまわって 支えてくれる
なれるなれるよ幸せに
おまえと幸せに・・・

【原曲】
「惚れた 惚れたよ」小村美貴


それじゃ、bye-bye!

「恋酒」

森山愛子さんの「恋酒」です。
2008年(平成20年)リリースの曲です。

「恋酒」2022/02/11収録(Bb R 15 MIDI Ver.5)

【MIDI演奏】
「恋酒」2022/02/11収録(Bb MIDI演奏 Ver.5)

「恋酒」
作詞:やしろよう 作曲:水森英夫

1.
逢えない夜更けはつれづれに
あなたの仕草を真似てみる
グラス片手にカラカラと
目を閉じ揺らして飲んでみる
小雨がしとしと泣き空夜空
酔わせてください女のひとり酒

2.
あなたが忘れたこの傘で
今すぐ迎えに行くけれど
あなた誰かと眠る頃
鳴らない電話が憎らしい
思い出はらはら泣き顔素顔
酔わせてください女のなごり酒

3.
煙草の吸殻捨てるよに
私の夢まで消さないで
せめて我がまま叱ってよ
あなたに捧げた恋だから
心がぼろぼろ泣き空夜空
酔わせてください女のなみだ酒

【原曲】
「恋歌」森山愛子

それじゃ、bye-bye!

「男泣かせの雨が降る」

大川栄策さんの「男泣かせの雨が降る」です。
YouTubeで聞いて気に入った曲です。
2021年(令和3年)12月8日発売の最新曲です。
「男泣かせの雨が降る」は2021年12月4日に開催された「第54回日本作詩大賞」で作詩した小山内圭さんが最優秀新人賞を受賞しました。
日本作詩家協会ホームページ
日本作詞大賞(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
日本コロンビアのニュースリリースによれば「2021年の日本作詞大賞には1676通の作品応募があり、その中から、男心の優しさ辛さをドラマチックに暖かい言葉で見事に表現した「男泣かせの雨が降る」(作詩:小山内圭)が最優秀新人賞を、女心の儚くも一途な想いをストレートに表現した「泣きむし蛍」(作詩:藍川由那)が優秀新人賞を受賞しました。この2作品は大川栄策により作曲(筑紫竜平)、歌唱されます。」とのことです。
日本コロンビアのニュースリリース
なお、作曲の「筑紫竜平」は大川栄策の作曲家としてのペンネームです。

「男泣かせの雨が降る」2022/01/09収録(Bb H1 15 MIDI Ver.3)

【MIDI演奏】
「男泣かせの雨が降る」2022/01/09収録(Bb MIDI演奏 Ver.3)

【歌詞】
「男泣かせの雨が降る」
作詞 小山内 圭
作曲 筑紫 竜平
1.
夢に弾かれ やけ酒に
世渡り下手を 嘆く俺
陰に日向に 尽くしてくれる
笑顔絶やさぬ 可愛い女よ
生きてみようか もう一度
ああ今夜は・・・ 男泣かせの雨が降る

2.
涙こらえて 生きるには
温もりほしい 夜もある
痩せた肩先 この手に抱けば
たとえ小さな 夢でもいいと
すがるお前の いじらしさ
ああ今夜は・・・ 男泣かせの雨が降る

3.
少し酔ったと 頬染めて
恥じらいなぞる 白い指
酒にぽつりと お前の涙
帰る故郷も ない身がふたつ
形ばかりの 契り酒
ああ今夜は・・・ 男泣かせの雨が降る

【原曲】
「男泣かせの雨が降る」大川栄策

それじゃ、bye-bye!

「絆坂」

市川由紀乃さんの「絆坂」です。
(2001年(平成13年)2月7日リリース)

「絆坂」2021/12/31収録(B H1 15 MIDI Ver.2)

【ギター弾き語り】
「絆坂」2021/12/31収録(B H1 15 guitar)

【MIDI演奏】
「絆坂」2021/12/31収録(B MIDI Ver.2)

絆坂

木下 龍太郎 作詞
市川 昭介  作曲
市川 由紀乃 唄

1.
あなたと流した 涙の数で
幸せ決まると 人は言う
離さないでね この腕を
押して行きます その背中(せな)を
一人じゃ無理な 坂道だから
二人で越える 絆坂

2.
いいことばかりの 人生ならば
この世に苦労の 文字はない
叱りつけてね 迷ったら
後を追います 遅れても
袖摺り合うも なにかの縁ね
結んだ愛の 絆坂

3.
ないないづくしで 始めた生活(くらし)
いつかは笑顔の 語り草
無くさないでね その夢を
きっと咲きます その花は
ひと坂ごとに 近づく春が
二人に見える 絆坂

【原曲】
「絆坂」市川由紀乃

それじゃ、bye-bye!

「みれん花」

森山愛子さんの「みれん花」です。
今回もYouTubeで気に入った曲です。
2021年11月10日発売の最新曲です。
いつも頼みにしている@ELISEにもまだ楽譜がアップされておらずMIDIが作れなかったのでドラムだけ入れてギター弾き語りとしました。
楽譜がアップされたらMIDIを作ります。

「みれん花」2021/11/30収録(A H1 15 guitar)

みれん花
作詞:かず翼
作曲:水森英夫

1.
女ひとりで 飲んでる姿
寂しく見えても ほっといて
別れの その日まで
心変わりも 知らないで
何でもないよな 顔をして
あぁ嘘つき 私はみれん花
2.
誰か待たせて いるのでしょうか
逃げてく背中の うすなさけ
見た目が いいだけの
あんな男に 夢を見た
平気な振りして 強がって
あぁバカよね 私はみれん花
3.
私だけはと 自惚れながら
最後の女で いたかった
やさしく 抱きしめて
君の幸せ 祈るよと
ホロッとくるよな ことを言う
あぁ嘘つき 私はみれん花

【原曲】
「みれん花」森山愛子

それじゃ、bye-bye!

「うまい酒」

奥山えいじさんの「うまい酒」です。
2021年6月16日リリースの曲です。
YouTubeで聞いてとても気に入ったので取り上げました。
演歌で「酒」をタイトルにした歌はたくさんありますが、ほとんどが失恋や別れをテーマにした悲しいものばかりです。
この「うまい酒」のテーマは
1番が一人で飲むうまい酒
2番が友だちと飲むうまい酒
3番が夫婦で飲むうまい酒
となっていて、祝いの席でも歌えそうな比較的明るい内容となっています。
ヒットするといいですね。

「うまい酒」2021/11/18収録(Gm H1 15 MIDI Ver.3)

【ギター弾き語り】
「うまい酒」2021/11/18収録(Gm H1 15 guitar)

【バンド演奏】
「うまい酒」2021/11/10収録(Am MIDI Ver3)

うまい酒
槇 桜子 作詞/伊藤雪彦 作曲

やけに心が 乾く夜は
独り手酌の 酒がいい
憂き世七坂 まだまだ半ば
ちょいと一息 縄のれん・・・
二合徳利 ぐい呑みで
一人で飲む酒 うまい酒

久しぶりだと 酌み交わす
酒は明日の 力水
酔えばこぼれる 本音と愚痴に
肩をたたいて くれる奴・・・
昔ばなしに 花が咲く
友達(とも)と飲む酒 うまい酒

ほんの小さな 幸福(しあわせ)を
泣いて笑って 積みあげた
今日もおまえは ほんのり酔って
差しつさされつ 夜が更ける・・・
これでいいのさ 人生は
二人で飲む酒 うまい酒

【原曲】
「うまい酒」奥山えいじ

それじゃ、bye-bye!

「夜明けのブルース」

五木ひろしさんの「夜明けのブルース」です。
2012年のヒット曲です。
新入社員のときにパソコン言語の「FORTRAN」や「BASIC」を教えてくれた先輩の出身地が愛媛県でした。
この曲は愛媛県の県庁所在地である松山市の繁華街・二番町を舞台とした恋愛をテーマにした曲です。
2018年1月13日には、同市二番町2丁目の第1ミツワビル前に、歌詞・顔写真・サイン入りの歌碑(高さ約2m、幅約3m)が建立されたそうです。
⇒ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

なかなか良い曲だと思います。

「夜明けのブルース」2021/09/07収録(Cm H1 15 MIDI Ver.2 )take02

【ギター弾き語りバージョン】
「夜明けのブルース」2021/09/06収録(Cm H1 15 guitar)

【MIDI演奏】
「夜明けのブルース」2021/09/03収録(MIDI演奏 C#m Ver.2)

【原曲】
「夜明けのブルース」五木ひろし

それじゃ、bye-bye!